<F1情報> F1よろずや.com ( F1 yorozu-ya.com )

F1に関するいろんな情報発信や交流の場を目指しています。のんびりおくつろぎ下さい。

2010年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年05月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

マレーシアGP 決勝考

今回はレッドブル完勝でしたね。ベッテルが好スタートで3位からトップへジャンプアップしてその後はレッドブルのマシンの速さを見せ付けて1-2フィニッシュ。3戦目にしてやっと念願のトップチェッカーを受けることができました。

ベッテル、ウエーバー共に安定した走りをし、3位ロズベルグに追われてもオーバーテイクされる危機もなかったのは素晴らしかった。レッドブル、ベッテルのチャンピオンシップは、ロングランでの信頼性次第というところでしょうか。

他に速さを見せたのはハミルトン。20位スタートであれよあれよとオーバーテイクして結果6位。5位のスーティルの後ろについてからはその動きはピタッととまったもののそこまでは凄かったですね。
動きを止めたスーティル、フォースインディアのマシンもマクラーレンのマシンに劣らないストレートでの速さを持っているようです。

一方、見ていて物足りなかったのがマッサ。
スタートはハミルトンの1つ後ろで、ハミルトンが順位を上げていくのに早々、アルグエルスアリにつかまって前に出れなかった。その結果、直後のアロンソもそれにお付き合いする形となり順位アップできず。
フェラーリが並んで、前にマッサが立ったときにこのような状態になったと感じたのは3戦中2戦(オーストラリアGP、マレーシアGP)。あるメディアでは、先にアロンソに行かせてアタックさせる方法もチームは考えるべきと言っていたようですが、私もそう思う。

一時的にアロンソを前に出してプッシュさせて、オーバーテイクできなければまたマッサを前に出す。ドライバーのプライドもあり、レースの世界ではなかなか出来る戦略ではないと思いますが、ファンとしては期待したいところです。

本GPを終え、優勝ドライバー3人でコンストラクターズポイントもばらついていて今後の混戦が期待できそうです。まだまだ先の長い今シーズン、どんなことがおきるでしょうか。

あとカムイ。マシントラブル連続でつらいが何とか辛抱強く粘って欲しい。


F1速報順位予想の答え合わせです。
1.ベッテル(レッドブル)  ○
2.アロンソ(フェラーリ)  ×
3.マッサ(フェラーリ)   ×

今回は1点獲得
通算合計は4点
そろそろ全問正解といきたいのですがそうはうまくいきません。


4月9日誤記訂正 フォースインディアドライバー名 リウィッツィ→スーティル


人にほんブログ村 車ブログ 車 モータースポーツへ
スポンサーサイト

| F1 | 22:32 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。